恋人ごっこ

こんな風に言ってしまっていいのかどうか。

とても失礼だし
ヒドイコトだと思っているけど・・


前記事のコメントにも書いたけれど
なくしかねてしまわない物は「良心」


この「恋人ごっこ」
ものすごく胸が痛む時がある。

お客はmakiのことを自分の彼女だと思っている。
makiも相手の彼女のような振る舞いをする。

でもそこにあるのは恋でも愛でもなく、お金。

同伴や店外をしてお店に足を運ぶウチに
オトコの人達は少しずつ勘違いをしていく。

その勘違いを否定も肯定もせず
笑顔でかわしお店へ連れて行く。

ヒドイヤツだと、
自分自身時々イヤになりながら。

「あなただけ」
「特別だよ」

「好き」
なんてコトバは1度も口にしない。

けれど上記二つのコトバで
オトコの人達は自分は恋人だと錯覚していく。


一番大変なのは
お客を「切る」コトだと聞いたことがある。

「彼氏が出来たの」
それは一番簡単な方法。

だけど本当は
相手から振られる形を取るコト。

それがベストな終わり方だと。


ある時限界が来るらしい。

まだ半年も経たないmakiには
いまいちよく分からないけれど。

お客と付き合っていくウチに
その限界にぶつかった時どうするか。

きっとその時に
その嬢の腕が試されるんだろうな。

恨まれることもなく
憎まれることもなく
相手から振られること。

相手からピリオドを打って貰うこと。

makiにもいつかそうする時が来るだろう。

その時どう行動するかで
お互いだいぶ違った終わりになるんだろうな。
[PR]
by maki_nightstory | 2005-10-31 21:29 | 夜のお仕事
<< お休み 選択 >>