カテゴリ:こんな日々( 12 )

ストレスフル

最近、ちょっとハードに仕事をこなしています。


昼間の仕事は
出来の悪い係長のおかげで
イライラしっぱなし。


会議はいつもだらだら無意味に続く。


「ん~、どぅしよぅ」

「どぅすればいいと思いますぅ?」

「え~、でも課長がこう言ったんですよぅ・・」


そんなことより
片付けなきゃならない仕事があるんだよ!

諸先輩方の怒りが手に取るようにわかる。

makiだって下っ端だけど
だからこそ回ってくる仕事も多いし
やらなきゃいけないことは山程あるんですっ!

優柔な係長にお付き合いしているヒマはない!


けど、来るんですよね。


他の先輩方の風当たりが強いから、
makiのトコロへ。

「あのさぁ、コレなんだけど、
どぅすればいいのかなぁ?」

「ねぇ、ちょっと教えて貰える?」

いい加減パソコンくらい
使いこなせるようになって下さい!


夜は夜でちょっと事情があって
出勤日数を増やすことに。

週末二日じゃちょっと足りない・・。

来週は祝日もあるから何とかなるでしょう。

なので週四日、出勤することになってます。


最近辞めていくお姉さん達が続出。

知らないオンナのコの顔が増えました。


努力しないで時給が安いって、
お客連れてきてから文句言って下さい。

やることやらずにくれるもんだけくれって、
それってワガママじゃないですか?


ん~、
なんだかストレスいっぱいのmakiです。
[PR]
by maki_nightstory | 2005-11-20 12:10 | こんな日々

ナンパ?!

みな様、お疲れ様です。

今日も無事お仕事終了。

その後街へ出て
お買い物三昧のmakiでした。

明日・明後日と夜も出勤なので
買い物をする時間が今日しかないのです。

来週はちょっとしたイベントがあるので・・。


行ってきました、ドン・○ホーテ。

何でもあるんですね、ホントに。

色んなコトも、起こるんですね。


makiは来週使いたいと思って衣装を物色。
がさごそやっていると隣に初老のオジサンが。

最初は気にせず選んでたんですよ、
オジサンに声を掛けられるまでは。

「コレとソレ(手にしてるモノとディスプレイのモノ)は
同じモノですかねぇ?」

普段、キャッチやスカウトはことごとく無視!
のmakiですが、ふと声のする方を向いてしまい
そんな~に悪そうなオジサンでもなかったので、

(違うみたいですよ~
ソレは上に掛けてあるヤツだと思いますよ)

お返事しちゃいました。

そしたらオジサン

「いやぁ~、
お店のコに着せようと思って来たんだけど
一体どんなのがいいか分からなくて・・」とのこと。

(お店?)

「ああ、キャバクラでね」

と、言われてつい親近感を持ってしまったmaki。

(私もお店で着るの探してるんですよぅ~)

「キャバ?」

(はい)

「う~ん、どれがいいかねぇ?
それなんか着たらきっと似合うと思うよ」

(そうですかぁ?
コッチとコッチどっちかなぁと思ってて~)

「ウチはどうしようかなぁ?」

(キャバクラの店長さんですか?
スタッフの趣味で選ばせるか、
オンナのコと来れば良いのにぃ)

「う~ん、そうだねぇ。
自分の趣味だと・・」

(セーラーとか、
オンナのコ結構喜びますよ)

「それは前にやったんだよねぇ」

なんて会話を衣装を見つつしておりました。


さて、
makiはオジサンが「似合う、似合う」
と、言ってくれた方を買うことにして
とりあえずその場を立とうとすると

「このあと少し時間あるかなぁ?」

と聞かれたので、

ま~たスカウトですか?
今のお店気に入ってるから・・

(い~え、コレ買ってもぅ帰りますぅ)

と即答です。


「いやぁ、ちょっとお茶でもと思ったんだけど、
ダメかなぁ?オジサンの好みなんだよねぇ」

は?ナンパですか?


「学生さんかなぁ?」

(いぇ、違います・・)

この歳になってまだ学生ですか・・
言われ慣れてるからいいんですけど
この格好で仕事に行ってるんですよ?


「いやぁ、ホントはねぇ・・」

なんだかモゴモゴと
言いづらそうにしているオジサン。

(なんですか?)

ちょっと眉間にシワの寄りそうなmaki。

「いやぁ、言ってもいいのかなぁ?」

(なんですかぁ~?)

makiに促されてオジサン、曰く

「いや、ホントはこの後
もう少しゆっくり出来ないかなと・・」

「意味、分かるよねぇ?」

「二万出すから」


???????

はい?何ですか?

ナンパ?じゃないよぅ!


(いえ!そう言うことはしないんで!)

「じゃぁ、三万出すから!」

(お金の問題じゃないんです!
そう言うことはしないんです!)


「そうかぁ、ホントに好みなんだよねぇ」

「ソレ着たらすごく似合うと思うんだ」

「じゃぁさ、ウチの店に来ない?」


あぁ~!もういいです!

と言うか、もうダメです!


(そう言うことなので、失礼します!)

踵を返しました。


いやぁ、でも人の多いお店で良かったぁ
と言うか、それで安心して話したのがバカだった・・


初めてです。

かなぁ~りビックリしたし、ショックでした。


オトコの人の欲を相手にお仕事してるのに
それを目の当たりにしてショックを受けるのも
おかしいと言えばおかしな話なんでしょうけれど。


今の仕事もこの延長線上にあるんですよね。

でもこの仕事の延長線上にソレが来ないように、
それだけは本当に何があっても譲らないです。

何があっても譲らずに勤めていこうと思います。



ちょっとヘコミ気味のmakiだったりするのです。

はい!気を取り直して、来週のお話ですよぅ~!


以下、次記事へGoデス!
[PR]
by maki_nightstory | 2005-11-17 22:30 | こんな日々