カテゴリ:こんなお客( 6 )

迷子

ハッキリ言って疲れましたっ!!


今やっと起きたところです。
明日も朝からお仕事なのに・・


昨夜のお客、
結構長い間指名をしてくれている人で
わりとこまめに通ってきてくれています。

大抵二人で来て、
イイ感じの飲み方をするお客です。

お店での付き合いが長くなって、
先日食事に誘われました。

「オレ、本気で誘ってるから」

そう言われて
ついYesの返事を。


その時の食事は(結局は飲みですけど)
我慢しきれず日本酒に手を出して
泥酔したmakiを彼が送ってくれました。


そして、昨夜。

いつもより早めの時間に帰った彼から
二時過ぎ頃に電話が。

接客中だったのですが
何度も鳴るのでとりあえずバックへ。


耳に入ってきたのは
半泣き状態の彼の声。

「今どこにいるか分かんないんだよぉ」
「オレどうしちゃったのかなぁ?」
「もうわかんねぇよ・・」

一緒にいた友達ともはぐれたらしく、
自分の居場所も分からない
帰るアシもない泥酔の彼。


ハッキリ言ってパニくりました。

この人何言ってんの?
何やってんの?
どうするの?

て言うかmakiにどうしろって言うの?


ラチのあかない電話。

リストではスタッフが呼んでます。

「とりあえず電話切るよ。
お客さんの行って
戻ったらまた掛けるから」

そう言って席へ。

女のコチェンジで二時半上がり。


改めて電話。

つながらない。
出ない。

三度目の電話でやっと彼の声が。

「もしもしぃ~
どうしたらいいの、オレ?」

いえ、それはmakiのセリフなんですけど・・


その時間に上がれたので、
とりあえず居場所さえ分かれば
始発まで一緒にいられるけれど。

当の本人がどこだか分からない言うので・・

弱り切ってるmakiにスッタフの声。

「送りキャンセル・追加ナシ~?」
「なければすぐ行けるから」
「makiちゃんどぅするの?」


とりあえず彼に事情を説明して
(ぜんっぜん通じてなかったですけど)

この送りで帰らなきゃmakiは帰れない。

場所が分かれば迎えに行ってもいいけど
お互いアシがないから始発まで時間を潰す

それに付き合うことくらいしかできないこと。


「makiは帰って良いの?
残った方が良いの?」

その問いに向かえに来て欲しいとのこと。


「今どこだか分かる?」

「わかんねぇけど線路がある~」

「じゃぁ線路沿いに歩いてきて。
そしたら駅に着くでしょう?」

「あぁ~わかったぁ」


と言ってから、
駅って言っても
今どこにいるか分かんないんだったら
お店の最寄り駅にいるかどうかさえ分かんない!

だんだんmakiが泣きそうになってきました。


・・この後は彼から電話があり

とりあえずお店を出て

彼の言う通りと思われるところを目指して
電話をしながら歩いて行って、

結局何とか落ち合えたから良いんですけど。

もうそれだけでへとへとです。


打ってっても疲れてきたので
この話は結論だけで終わりにしますけど。


泥酔した彼と、
春仕様の格好のmakiと

寒い寒いと言いながら街を彷徨い
やっと見付けたファミレスで
ウトウトしながら朝を待ち
十時頃にやっと彼と別れて、
自宅へ帰ってきました。


その後お昼頃から八時頃まで爆睡です。


あまりにもバカらしいので
記事UPするようなコトじゃないけど。

とりあえず疲れたのぉ~!

と、誰かに聞いて欲しくて。


あんな時、
どうするのが正解だったんでしょう?

二度目はないからね!

もうこりごりだよ、○○ちゃん!
[PR]
by maki_nightstory | 2006-03-26 21:12 | こんなお客

お姉サマ

昨夜のお客は同業のお姉サマ方でした。
以前ウチのお店で働いていたと言う。

先日一度遊びに来られた際、指名のお姉サマが
makiを気に入ってくれている方だったので
その時ヘルプに入って「コリンちゃん」と
そう覚えられて帰って行かれました。


で、今回。

指名はやはりお姉サマ。
makは場内という扱いで。


指名の際に
「Nさんとコリンちゃんお願いします」


・・スタッフさ~ん、
それはないですよぅ(涙)

でも来たお姉サマが実際そう言われたとかで
maki、名前覚えて貰っていませんでした・・


店長にも「さっき電話があってね」と。

「この間のコリンちゃんいる?」
って聞かれたんだよ、って・・


まぁ良いです。
お仕事帰り、足を運んで下さるだけで。

今回はお姉サマふたりとオトコの方。
前回来られたコンビ+もう一人のお姉サマです。


N姉は指名がかぶっていたので
アッチとコッチと行ったり来たり。

席を立つ際に
「オンナのお客だから
キツイかも知れないけど頑張れ!」

そう耳打ちしていって下さいました。

もぅNお姉サマ、大好きです!


買える頃になってオトコの方が
自分の後輩がmakiにタイプが似ている
と言い始めて、今度連れてくるから!と。

makiみたいなオトコの人って・・

半分楽しみ、半分不安のmakiなのです。


あ~、それよりもカラオケ練習しなきゃ・・
[PR]
by maki_nightstory | 2005-11-12 16:41 | こんなお客

お誕生日プレゼント

makiのお客は、
とても優しい方ばかりです。


お店のグチをお客に言うのは
どうなのかとも思いますが・・


ちょっと店長に叱られてしまった時、
結構凹んでしまったのでメールしたんです。

いつものお客、Tです。


待機で落ち込んでいたら
店長から声が。

「makiちゃん、お客」

「Tだよ」と。


席に着いたら「T~」と
思わずハグしてしまいました。


「いやぁ、makiからメール入ったから、
この前も落ち込んでたし
なんとかしなきゃと思って」

「ワンセットしかいられないけど、
ごめんな」


ごめんな、なんて謝らないで~

来てくれただけですっごく嬉しかったよ!
落ち込んでたけど頑張ろうって思えたよ!


T、本当にありがとう☆



a0038527_2142381.jpg

          ↑写真のコレ↑


「お誕生日なのに
祝ってくれる人がいないのぉ」

と言っていたmakiのために
Hさんがプレゼントして下さいました。


このHさん大体、1時間延長で
あまり派手な飲み方もせず、
地味に語って帰って行きます。

毎週土曜の常連さんです。


それが今回、
土曜は仕事の関係で無理!

平日はお店に行く余裕はナシ・・

と言っていたんですけど
平日、時間を作って来て下さいました。

ほとんどコレを渡すためだけに。


飲んでいる途中に電話。

(大丈夫?仕事?)
と、聞くと苦笑いして
「大丈夫、大丈夫。
ただ少し早く帰るかも」

ところが再び電話。

戻ってきたHさん
「ごめんやっぱり行かなきゃ」

30分くらいしかいられずに
謝りながら帰っていかれました。


明日も出勤のmakiですが
平日なので明日は固定客のいない日。

一体どんな出逢いがあるのか楽しみです♪
[PR]
by maki_nightstory | 2005-11-07 22:06 | こんなお客

こんなヤツも・・

キャバクラに勤めていると、
こんなイヤなメールも届きます。


「金払うからHさせて。
やって客取るのがキャバ嬢の仕事でしょ!
前行った店の子はやらせてくれたよ。
20万払って。
すごい満足してたよ。
俺の------------以下自主規制--------」


このあとは禁止用語の連続です。


このメールに、makiは

「そのコも安いコだね~
それくらいで良いんだ。
makiはそんなに安いオンナじゃないし
makiのパパのが太っ腹だから
それくらいじゃお相手出来ません」

と送ったのです。

で返信。

「ほんとバカだね。キャバの子って!
相手するの疲れたから、
もうメ-ルしなくていいから・・
君の店には二度と行かないから安心して。
バカばっかりだ」


・・ん~、バカなのはどっちなんだろう?


あまり気持ちの良いモノじゃないですよね。

それでもお店やってるとたまにあります。
嫌がらせなんだか意味不明のメール。

気にしてたらやってられないし、
強く生きなきゃ!
[PR]
by maki_nightstory | 2005-11-03 21:43 | こんなお客

オープン~ラスト

下記のコメントにも記したように
昨夜のmakiは指名二本でした。

でも一晩でふたり合わせて
10万越えれば充分でしょう。


makiの場合
沢山の指名客のお相手をするよりも
決まったお客さんと長くいる方が
接客しやすくて好きなんです。

週末のみの出勤なので
多くの指名客を作るのが難しい
と言う側面もあるのですが・・


さて前半はこのドレスを買ってくれた

a0038527_15131212.jpg
以前からの大口のお客さん
Sちゃんです。

このSちゃんがお店に来る場合
makiは必ず同伴出勤です。

なのでオープンから12時過ぎまでは
Sちゃんのお相手をしてここでシャンパン一本。


その後、Sちゃんと入れ替わるように
例のTのご来店。


またまたシャンパンのオーダー。


でもこの時点でTはすでにベロベロ。
makiの膝枕で寝てしまいました。

仕方がないのでmakiは
シャンパン片手にカラオケを。


なんだかんだとTをなだめながら
気が付くとぼちぼち閉店の時間。


Tの帰宅でmakiの出勤時間は終了です。


今夜の予定は全く立っていませんが、
Sちゃん、今夜も同伴だそうです。

お店で飲んでるウチに
終電で帰る約束ももうどうでも良くなり
「また明日も会いに来る!」と言い出しました。

今日は土曜日なので
少し早めに会って同伴で出勤。


今日の課題は
新規のお客さんをどれだけ呼べるか、ですね。
[PR]
by maki_nightstory | 2005-10-22 15:30 | こんなお客

週末のお客

先日書いた記事の結果です。

土曜日、makiの指名は2名でした。

お店を移ってすぐに通ってくれるようになったHさん。
それと先の記事でも名前の挙がっていたT。


Hさんはキャバ慣れしてないようで
「お金なくてゴメンネ」と言いながら
1時間の延長をして帰って行きます。

でも、実は毎週来て下さってるのでは・・?
それにドリンクもちゃんと頼ませてくれます。


ウチのお店、ドリンクバックは安いけど
一杯500円なので、他の店の半額。
頼みやすいし、OKも貰いやすい。

makiみたいに飲む嬢にはありがたいことです。


そしてもうひとりが、先日のT。

「昨日はごめんなぁ~」
「お詫びに早く来たぞ」
「何でも頼め!」

とのこと。

珍しくひとりで、まだ素面の状態で。
正直、嬉しかったです。


Tがお店に来るのは大抵12時過ぎ。
仲間に抱えられるようにお店に来て、
ベロンベロンでやりたい放題です。

この間はズボンを降ろしてパンツ姿に!

いきなりでんぐり返しを始めました。

調子に乗ったお姉サマのひとりが
Tのパンツをむんず!と。

その状態ででんぐり返ったら・・

案の定、お姉サマ方大喜びデス。

makiは必死でパンツを押さえる係に。

Tの相手は体力勝負!


それがこの日はしっとりと、
ふたりでデュエットしたりして。

お姉サマがヘルプについて下さったので
フルーツの盛り合わせをご注文♪


実は今日お誕生日のお客さんが来ていたらしく
フルーツだのシャンパンだの大騒ぎだったのです。

指名のついてたmakiは交ざれなかったのが
ちょっぴり不満だったのです。


でもTが何でも頼めと言ってくれたから
一番高いフードを頼んぢゃいました~☆

フルーツ盛り合わせより高いのは・・
ん~同じ金額でお寿司だったかなぁ?


良いように酔っ払い初めて
「maki~持ち合わせがないんだよ」
と、お財布の中身をmakiに見せるT。

(どうする?もぅやめとく?)

「下ろせばあるんだよ、誰か行ってくれ!」

このセリフには店長も唖然。

お客様のカードを預かって、
暗証番号まで聞いた上で
スタッフがコンビニへと。

こんなのアリかなぁと思いつつも、
どこかで、まぁTだしな、と納得。


そんなこんなでmakiも良い感じに酔っ払って
後半の記憶はあまりないまま送りの車へ。

最近、底なしで飲んでる危ないヤツです。
a0038527_129137.jpg

[PR]
by maki_nightstory | 2005-10-16 11:14 | こんなお客