<   2005年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

恋人ごっこ

こんな風に言ってしまっていいのかどうか。

とても失礼だし
ヒドイコトだと思っているけど・・


前記事のコメントにも書いたけれど
なくしかねてしまわない物は「良心」


この「恋人ごっこ」
ものすごく胸が痛む時がある。

お客はmakiのことを自分の彼女だと思っている。
makiも相手の彼女のような振る舞いをする。

でもそこにあるのは恋でも愛でもなく、お金。

同伴や店外をしてお店に足を運ぶウチに
オトコの人達は少しずつ勘違いをしていく。

その勘違いを否定も肯定もせず
笑顔でかわしお店へ連れて行く。

ヒドイヤツだと、
自分自身時々イヤになりながら。

「あなただけ」
「特別だよ」

「好き」
なんてコトバは1度も口にしない。

けれど上記二つのコトバで
オトコの人達は自分は恋人だと錯覚していく。


一番大変なのは
お客を「切る」コトだと聞いたことがある。

「彼氏が出来たの」
それは一番簡単な方法。

だけど本当は
相手から振られる形を取るコト。

それがベストな終わり方だと。


ある時限界が来るらしい。

まだ半年も経たないmakiには
いまいちよく分からないけれど。

お客と付き合っていくウチに
その限界にぶつかった時どうするか。

きっとその時に
その嬢の腕が試されるんだろうな。

恨まれることもなく
憎まれることもなく
相手から振られること。

相手からピリオドを打って貰うこと。

makiにもいつかそうする時が来るだろう。

その時どう行動するかで
お互いだいぶ違った終わりになるんだろうな。
[PR]
by maki_nightstory | 2005-10-31 21:29 | 夜のお仕事

選択

どうしてmakiはキャバクラで働いているのだろう?


働くことになったキッカケは、
ハンさんがよくご存じです。

Blogでも取り上げて頂いて
とても感謝しているのですが、
コメントするのが苦手なmakiなので
こちらで感謝の意を述べさせて頂きます。


「やめるようにアドバイス」されたような気がします。
半年前、
makiがハンさんに相談メールを送った時。

どうしようもない事情があるのでないのなら
別の方法を考えた方がイイ
などと言われた気がします。

結局、今はキャバ嬢として働いているのですが。

ハンさんがとめる理由が、
今になって分かります。


makiも思います。


相当な覚悟がないならやめておけ!と。


でも楽なアルバイト感覚で入ってくる
女のコ達の数の多いこと!


始めのお店はそういう女のコが沢山いました。

makiは初めてのキャバ。
店長の考え方に惹かれて決めたお店。

その街ではまぁ大きい部類のお店。

でもmakiが入った4月には、
古株の女のコが数人いるだけ。
お客もそのコ達の指名客のみ。

広いから余計に寂しいお店でした。


新規を入れたくても女のコがいない。

makiが入った頃から
お店全体の取り組みとして
女のコを増やすことが目標でした。

女のコがいないお店にお客は来ませんから。


保障の切れる1ヶ月後、
確かに女のコは増えました。
そのためお客も増えました。

2ヶ月目にはノルマが増えました。
ペナルティーが増えました。
罰金が増えました。


1ヶ月単位で入れ替わってく女のコ達。

マナーも礼儀も知らない10代のコ達。


スタッフの態度も問題アリのお店。
接客業意識の薄い男性スタッフ達。

数字しか追わなくなったお店。


「○○で一番品の良いお店を目指す!」
はずが、もう二度と行きたくない店と言われる。


女のコがつかない状態が15分も20分も。

指名のお客にさえヘルプがつかない。

決してマイナスな訳ではないのに。

女のコ達はおしゃべりに花。


着替えて席に着いたら、
「makiには会いたいけど
この店には二度と来ない」

何度指名客に言われたか。


4ヶ月、そのお店にいました。

キャバのイロハを教えて貰いました。


その後、体調を崩したと言って、
最後のお給料を貰って長期休暇。

新しいお店開拓のため体験入店。

半月、お店から連絡がありました。
半月、無視し続けたらなくなりました。


そして現在のお店に巡り会いました。


どの選択も、
makiには間違っていなかったと思っています。

キャバ嬢になったところから。


実際問題、makiはこの仕事に向いています。

前の店でも今の店でも
レギュラーにならないかと
昼の仕事は辞めちゃいなと

店長から言われます。

コッチの方が向いてるから、と。


お店は楽しいです。

接客は今までの仕事ですし、
酔っ払い上司の相手をしてきました。

お酒の席はわりと得意です。

飲ませるのが上手です。

お客はいつの間にか
思った以上にお金を使っています。

使わせるのがmakiの仕事です。


時々胸が痛みます。


週1度だけ、1時間だけ、1万円だけ、
makiに会いに来てくれる人もいます。

そう言う人には無理をさせず
気持ち良く帰って貰います。


気持ちよく酔っ払って
はぶりの良いお客さんには
沢山使っていって貰います。

お客は頼んだ覚えのないものが
気付くとテーブルにあったりします。


makiはどちらのお客も大事だし
どちらのお客も好きなんです。

結局、人間相手の仕事が一番オモシロイ。

酔っ払って一枚脱いでる無防備な姿は
日中は決して見ることの出来ない姿です。


だから良かったと思うのです。

あの時勇気を出して
ハンさんにコンタクトを取って良かった。

勇気を出してお店に電話して良かった。


正直、コワイ世界です。

でも踏み込んでしまったことに
今はまだ後悔していません。

きっとココから抜け出そうとした時に
本当の恐さが分かる気がしています。
[PR]
by maki_nightstory | 2005-10-26 03:19 | こんなお店

オープン~ラスト

下記のコメントにも記したように
昨夜のmakiは指名二本でした。

でも一晩でふたり合わせて
10万越えれば充分でしょう。


makiの場合
沢山の指名客のお相手をするよりも
決まったお客さんと長くいる方が
接客しやすくて好きなんです。

週末のみの出勤なので
多くの指名客を作るのが難しい
と言う側面もあるのですが・・


さて前半はこのドレスを買ってくれた

a0038527_15131212.jpg
以前からの大口のお客さん
Sちゃんです。

このSちゃんがお店に来る場合
makiは必ず同伴出勤です。

なのでオープンから12時過ぎまでは
Sちゃんのお相手をしてここでシャンパン一本。


その後、Sちゃんと入れ替わるように
例のTのご来店。


またまたシャンパンのオーダー。


でもこの時点でTはすでにベロベロ。
makiの膝枕で寝てしまいました。

仕方がないのでmakiは
シャンパン片手にカラオケを。


なんだかんだとTをなだめながら
気が付くとぼちぼち閉店の時間。


Tの帰宅でmakiの出勤時間は終了です。


今夜の予定は全く立っていませんが、
Sちゃん、今夜も同伴だそうです。

お店で飲んでるウチに
終電で帰る約束ももうどうでも良くなり
「また明日も会いに来る!」と言い出しました。

今日は土曜日なので
少し早めに会って同伴で出勤。


今日の課題は
新規のお客さんをどれだけ呼べるか、ですね。
[PR]
by maki_nightstory | 2005-10-22 15:30 | こんなお客

happy birthday

本日はmakiのお誕生日です。


なので明日・明後日の出勤は
かなり気合い入ってます!


でもそのことを知ってるのは
前のお店の常連さんのみ。

なので明日は彼と同伴で
ワガママいっぱいさせて貰ってきます。


もちろん新規のお客も呼びますよ。

お誕生日なのぉ~☆って。

とりあえず明日営業メールして
土曜はOPENから途切れないくらい
気合い入れてお客さんを呼びたいですね。


とは言え新規で指名取っているのは
今のところ3名。

他は「行く行く」と言って
来て貰えてないのが現状なので
こういうイベント事で一回来させてしまえば・・

と思っているのは甘いのかしら?


とりあえず明日は
お客に買って貰ったドレスで
いつもよりオトナっぽくキメてきます♪

髪型どうしようかなぁ?
なんて今から楽しみなのです。

美容院行ってる時間はナイので
オリジナルでアップにでもしようかなぁ
[PR]
by maki_nightstory | 2005-10-20 23:00 | makiのこと

週末のお客

先日書いた記事の結果です。

土曜日、makiの指名は2名でした。

お店を移ってすぐに通ってくれるようになったHさん。
それと先の記事でも名前の挙がっていたT。


Hさんはキャバ慣れしてないようで
「お金なくてゴメンネ」と言いながら
1時間の延長をして帰って行きます。

でも、実は毎週来て下さってるのでは・・?
それにドリンクもちゃんと頼ませてくれます。


ウチのお店、ドリンクバックは安いけど
一杯500円なので、他の店の半額。
頼みやすいし、OKも貰いやすい。

makiみたいに飲む嬢にはありがたいことです。


そしてもうひとりが、先日のT。

「昨日はごめんなぁ~」
「お詫びに早く来たぞ」
「何でも頼め!」

とのこと。

珍しくひとりで、まだ素面の状態で。
正直、嬉しかったです。


Tがお店に来るのは大抵12時過ぎ。
仲間に抱えられるようにお店に来て、
ベロンベロンでやりたい放題です。

この間はズボンを降ろしてパンツ姿に!

いきなりでんぐり返しを始めました。

調子に乗ったお姉サマのひとりが
Tのパンツをむんず!と。

その状態ででんぐり返ったら・・

案の定、お姉サマ方大喜びデス。

makiは必死でパンツを押さえる係に。

Tの相手は体力勝負!


それがこの日はしっとりと、
ふたりでデュエットしたりして。

お姉サマがヘルプについて下さったので
フルーツの盛り合わせをご注文♪


実は今日お誕生日のお客さんが来ていたらしく
フルーツだのシャンパンだの大騒ぎだったのです。

指名のついてたmakiは交ざれなかったのが
ちょっぴり不満だったのです。


でもTが何でも頼めと言ってくれたから
一番高いフードを頼んぢゃいました~☆

フルーツ盛り合わせより高いのは・・
ん~同じ金額でお寿司だったかなぁ?


良いように酔っ払い初めて
「maki~持ち合わせがないんだよ」
と、お財布の中身をmakiに見せるT。

(どうする?もぅやめとく?)

「下ろせばあるんだよ、誰か行ってくれ!」

このセリフには店長も唖然。

お客様のカードを預かって、
暗証番号まで聞いた上で
スタッフがコンビニへと。

こんなのアリかなぁと思いつつも、
どこかで、まぁTだしな、と納得。


そんなこんなでmakiも良い感じに酔っ払って
後半の記憶はあまりないまま送りの車へ。

最近、底なしで飲んでる危ないヤツです。
a0038527_129137.jpg

[PR]
by maki_nightstory | 2005-10-16 11:14 | こんなお客

酔っ払いです

せっかく書いた記事が消えてしまったので
ハンさんのBlogに、トラバ。

ダイエット、と言うか年齢と共に衰えるカラダを引き締めてます。
いえ、正確には引き締めたくています、ですが。

腹筋・ストレッチを欠かさず行ったり
犬の散歩を長めにしたり。

でも一番効果があるのは夜のバイトのようです。

体重は確実に減ります。
やつれます。

makiの場合「お腹すいた~」と
お客さんにおねだりするので
意味がないかも知れませんが。
[PR]
by maki_nightstory | 2005-10-16 04:08 | makiのこと

今日の出勤

今日はいきますよぅ!!

気合い充分ですもの。

寝不足で疲労度も充分ですが・・


昨日来るはずだった大口のお客さん。

さやは昨日早上がりで
電話が来た時には
もう電車の中。

それまでメルしてもテルしても
まったく反応ナシ。

どこかで死んでるなぁとは思ってましたが・・


「ヤダ~もぅ、Tってば~
明日maki早くからいるから
一番に会いに来てね、一番にっ!」


電話口の彼は
すでにベロベロで

「maki~今から行くよぅ」
(って、もぅ電車ないぢゃん)

「今日は○○で飲んでたからさぁ」
(だから早めに来てねって言ったぢゃん)

「もぅ気持ち悪いんだけど~ココどこだよ~」
(まぁたどれだけ飲んだの?ウチで飲んでよ!)

そんなこんなのやりとりの末、
ちゃんとお家に帰りなさいね!
と叱りつけて電話を切りました。


今日は早めに指名のお客が来てくれるし
前のお店から引っ張ったお客が来るかも。

でもってTがちゃんと来ればもう言うことナシ!
なんだけどな。

そうはうまくいかないのが世の常ってヤツですよね。


それにしてもお店変わってまだ半月ちょい。
出勤日数だと一週間いくかいかないか。
この調子なら保障切れても大丈夫そう。


それにしても!

どれだけ前の店がひどかったか、
どんなスタッフが集まってたか、
そのウチぜんぶ暴露します。

東京の西側、
三多摩地域でキャバ通いの方は
あの店だけはやめた方がイイです。

ホントにシャレになりません!

本指名のお客さんに
「makiには会いたいけど
この店には二度と来たくない」

どれだけのお客さんにそう言われたか・・ふぅ


さて、出勤前に仮眠を取って
今夜の出勤に備えるとしますか。
[PR]
by maki_nightstory | 2005-10-15 17:24 | 夜のお仕事

雨の日ばかり

最近makiの出勤日は何故か雨。

途中で上がることもあるし、
途中から降り出すこともあり。


実はmaki、最近お店を変わりまして。

それについては後に詳しく書くつもりですが
今のお店がなんだかとっても居心地よくて、

makiにとっても合ってる感じがするのです。

それは自他共に、らしく
「makiちゃんいいよね~」
「自分がお客だったら絶対指名するよ」
と、店長サマ。

それもこれも
makiのやりたいようにやらせて下さってる
店長サマの懐の深さにあるのだと
makiは思っているのですが。


前の店とは大違いで、
お仕事してて楽しい♪

なんと言うか
お店全体が楽しい♪

そんな感じなんですよ。


そこまでやるか?
と思うお客さんもいますけれど
そこまでやるならココまでやり返してやるっ!
と言う接客をしているmakiなのであります。

お客に対してそんなコトするか?

と思う嬢がいましたら、
きっとそれはmakiなのです。
[PR]
by maki_nightstory | 2005-10-13 21:08 | 夜のお仕事

ただいま!

と言う程の元気はないのですが、
新しいお店への三週間目の出勤。

日数にするとやっと六日目です。


今日は新規の指名のお客さんが来てくれました。

なんだか妙に気に入られて、
同棲しようと迫ってくるお客さんがいました。

とにかくスケベで、
スキあらば触ろうとするお客さんがいました。

色んなお客さんがいるものです。


カンケーないですが
基本的にもう店外はしないつもりです。

ぷちストーカー以来、
店外やお客の思い込みの恐さを
ひしひしと感じているmakiであります。

あくまでも疑似恋愛。
その気にさせるのがお仕事。

そんなことを指名してくれたお客さんに
とうとうと話すmakiはバカ者以外の何者でもありません・・
[PR]
by maki_nightstory | 2005-10-09 01:20 | 夜のお仕事

Blog開設!

初めまして、makiと申します。

今年4月にいい歳をして
キャバクラとやらに勤め始めました。

もちろん昼間も仕事をしながら、
週末のみの兼業キャバクラ嬢です。

そんなmakiが
お店のことやお客のこと
その日のことなどを綴っていきます。

↓トラックバックは↓
makiがキャバ嬢になる
キッカケとなったHPを
書いている方のBlogです。
[PR]
by maki_nightstory | 2005-10-08 14:36 | makiのこと